【デリバリー対直接訪問】マンガレンタルサービス(ゲオ)のコスト比較

雑学・教養

全国で約1,100の店舗を構える大手レンタルチェーン(ゲオ)では、DVD、ブルーレイ、ビデオゲームに加え、マンガの取り扱いも豊富で人気です。

このチェーン店では、直接店舗で借りる方法と宅配サービスの2通りでマンガを借りることができます。

料金体系やそれぞれの利点と欠点が異なるため、どちらがコストパフォーマンスが良いかを検討してみます。

スポンサーリンク

マンガレンタルの料金比較【デリバリー対直接訪問】

このチェーン店(ゲオ)のマンガレンタル料金は、借りる期間と冊数によって変わります。

直接訪問によるレンタル料金:

①1泊2日:1冊あたり55円(税込)
②2泊3日:1冊あたり110円(税込)
③7泊8日:1冊あたり220円(税込)

宅配レンタル料金:

①14日間:1冊あたり136円(税込)~

宅配レンタルでは、冊数に応じて料金が変動します。

また、新刊や人気作品のレンタル料は高くなる傾向にあります。

直接訪問によるマンガレンタルの料金

直接訪問でのマンガレンタル料金は上記の通りで、レンタル期間が長いほど1冊当たりの料金はお得になります。

10冊や20冊のセット割引も提供されています。

店舗でレンタルする利点:

①1冊からレンタル可能
②レンタル期間を自由に選べる
③新刊や人気作品のレンタルが可能
④店舗が近ければ手軽に利用できる

店舗レンタルの欠点:

①店舗に行く必要がある
②返却期限を忘れないように注意が必要

マンガ宅配サービスの料金体系

マンガの宅配サービスでは、1冊あたりの料金が136円(税込)から始まり、選ぶ冊数によって料金が変動します。

新作や人気の作品は通常よりも価格が高くなることがあります。

レンタル期間は14日間で、送料は無料です。

宅配サービスの利点:

①自宅にいながら簡単にレンタル可能
②返却期限を気にせずじっくりと読める
③多くの本を一度に借りることができる

宅配サービスの欠点:

①最小冊数の制限がある
②レンタル期間に制約がある
③新作や人気作品が高価になることがある

直接訪問と宅配、どちらが推奨されるか?

直接の店舗訪問と宅配サービスのどちらが利用に適しているかは、借りる本の数や利用頻度によって変わります。

①借りる本の数が少ない場合、直接訪問がコスト効率が良い
②多くの本を借りる場合は宅配サービスがお得
③頻繁に利用する場合は直接訪問がコスト的に有利
④近くに店舗がない場合は宅配サービスが便利

紙のマンガレンタルと電子書籍レンタル、どちらがお得?

紙のマンガレンタルと電子書籍レンタルとを比較すると、以下のメリットがあります。

①紙の本特有の読みやすさと保存が可能
②読み放題サービスに比べてコストが低い場合がある

一方で、電子書籍レンタルには以下の利点があります。

①どこでも読むことが可能
②収納スペースを必要としない
③すぐに読み始めることができる

価格だけでなく、各オプションの利点と欠点を比較し、自分の読書スタイルに合った方法を選ぶことが推奨されます。

GEO(ゲオ)での漫画レンタル費用を削減するコツ

GEOで漫画をお得にレンタルするためのいくつかの方法があります。

デジタルクーポンで割引を得る

GEOでは、公式アプリやウェブサイトを通じてデジタルクーポンが提供されています。

これらのクーポンを活用することで、レンタル料金を削減できます。

店舗専用クーポンの活用

特定の店舗でのみ使える店舗専用クーポンもあります。

これらはアプリやウェブサイト、または店舗内の掲示で入手可能です。

株主優待による割引

GEOホールディングスの株主になると、レンタル料金割引の株主優待券を受け取ることができます。

これにより、10%から20%の割引でレンタルが可能となります。

まとめ

GEO(ゲオ)では、漫画のレンタルに店舗利用と宅配の2つのオプションがあり、それぞれ独自の料金体系やメリット・デメリットが存在します。

自分に合った方法を選ぶことが大切です。

さらに、クーポンや株主優待を利用することで、より経済的にレンタルすることが可能です。

GEO(ゲオ)で漫画をレンタルする際は、これらの情報を活用してみてください。

雑学・教養
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
take it easy

コメント